有限会社成蹊技建

業務内容
Projects

住宅基礎工事

普段目に見えない大事な基礎部分
であるからこそ
「手を抜かず正確に、美しい仕上がり」
にこだわります

当社では、木造住宅やアパート・マンションなどの基礎工事を得意としています。
大切な住まいの一番最初の工程である基礎工事は、建ってからは見えない部分です。
だからこそ、施主様の気持ちになり正確な施工をご提供できるよう努めております。
施工者の技術・経験そして人間性を大切にし、信頼にこたえる工事をお届け致します。
また変形型・R角・半地下・鉄骨造・アパートなどの特殊な基礎もお任せください。

土木基礎工事一式 
作業の流れ

1.土木工事
基礎工事をするために、まず基礎を作る場所を造ります。
根切りをする(掘削工事)
・・パワーショベルなど重機で基礎の底となる高さまで土を掘ります。
砕石を入れる
・・・細かく砕いた石を敷地全体に敷き、地面を転圧して地盤を固めます。
2.捨てコン&防湿フィルム
床下からの湿気を防止するために、基礎の下に防湿フィルムを敷き込んでいます。
基礎外周部には、捨てコンクリート打設し、基礎配筋用の墨出しを行います。
3.鉄筋を組む(配筋)
家屋の基礎となる鉄骨を組み上げていきます。
4.土間コンクリート
基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組み、ベース部分のコンクリートを打設します。
ベース部分のコンクリートが乾いたら、内部の立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを打設します。
5.型枠工事
コンクリートの強度が出るまで養生したら、型枠を外します。
その後、仕上げ作業として勝手口や土間・給湯器置き場などのコンクリートを打設したり、不要なコンクリートの除去などを行います。
6.基礎の完成
基礎が完成するまでは、通常1ヶ月半ほどかかります。

成蹊技建では、一戸建ての一般家屋や、平屋のテナントなどといった小~中規模なものを主な対象として 基礎工事一式承っております。
皆さまの信頼にこたえる技術で高品質な施工をお届け致します。